teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


元気です(*^_^*)

 投稿者:きよかん  投稿日:2013年 3月21日(木)10時04分6秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
編集済
 

昨夜携帯にメールしましたが、宛先無しで戻ってきました。
メルアドを教えてください。
左側にアドレスがあります。→http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/


僕からみると、自分の弱いところを自覚して、里帰りの「ぬるま湯的」な環境をあえて絶つ事こそ、消耗を強いられる覚悟を決めた勇気が感じられます。


そういう艱難辛苦の環境で家族や友人の懐かしさで心が一杯になり、一人涙するのも松本君らしいです。僕がわずかしかない友人としての付き合いの中で(たぶん10回くらいしかライヴで会っていない)、そういう自分の弱さを話してもらえる友人であることに誇りを持ちます。

強さと弱さを持っている事は、人としての資質の基本なのに、実際は「強さばっかり・弱さばっかり・どっちも見ないだけ」のどれかに傾いているのが当たり前です。僕の場合は、強さばっかりの状態に(成人以降の人生のほとんどの時間を組合幹部という任務の性質上もあり)強気一点張りできましたが、現在一番信頼している友人(PMAでコーラスやった方)から指摘される、自分とは別の視点からの多くの深い言葉に、自分の悪い部分を気づかされ、大いに学ばされているところです。
還暦も過ぎているのに、20歳近くも若い人から勉強しているのです。

松本君の高校の卒業の頃でしょうか。
「1に学問・勉強があってこその、2ギター」といったことを覚えています。
勉強は一生続ける価値があります。
将来に向かってでも、現実を切り開くためでも、人格を高めるためでも、社会のあらゆる出来事から学ぶ意志が、初老に至る頃に人生の肥やしになっているとわかるのです。

司法書士試験は、工業高校・工学部・化学会社という松本君のコースの中では異質です。大学の法学を経ないで独学で取得する道は大変だと思います。
そして、松本くんの真摯な人生観は、真っ当に生きることが辛い世の中では、ぶつかる壁もたくさんあるという事はよくわかります。

でも、だからこそ七転八倒しながらの挑戦する魂は、人生の糧になるはずですし、目標に向けて進んでいく力を与えるはずです。
時々涙しながら、それでも明日も続く自分との戦いに立ち上がっていく事を願います。

僕が、唯物弁証法哲学(史的唯物論)として19歳から学んだカール・マルクスの言葉です。
人生最大の座右の銘です。
「資本論」の「フランス語版序文および後記」での言葉です。

一般に云われる成句である「学問に王道は無い」と似ていますが、その示すところは厳しい試練を乗り越え、社会システムを「科学」で捉えなおしたマルクスの神髄が感じられます。

学問には平坦な大道はありません。
そして、学問の険しい坂道をよじのぼる労苦をいとわないものだけに、その明るい頂上にたどりつく資格があるのです。


●高校から肝に銘じている嘉納治五郎先生の言葉。

精力善用自他共栄力必達

(僕の解釈)

自分の力を全て出しきることが、自分と周りの人達の幸せを作る。そうすることで、自ずから力は目標に達する。

まったく説教臭いです。

携帯に出すための私信なのでしょうがないです。

健康一番!


http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 
 

お元気ですか?

 投稿者:松本  投稿日:2013年 3月20日(水)23時05分24秒 KD182249156015.au-net.ne.jp
  お久しぶりです。
松本です。

もうすぐ秋田を離れて六年目の春が来ます。
社会人一年目も終わります。

司法書士試験まで3ヶ月。
この一年音楽は一切プレイせず可能な限り
受験勉強に時間を費やしました。

一年働いて、サラリーマンをして給料をもらうことの大変さ、パワハラまがいの上司の元で
働き続けることでかつて身勝手に自分のバンドを動かしていた自分のことを思い出しました。

今までの行いが返ってきたのだと思います。
夢や目標を持ちながら働くことの難しさ、
現実の厳しさに打ちのめされてしまいました。

秋田に里帰りしても家族が優しく、友人や町が優しく、気を張っていても心が緩んでしまい
心の奥底に押さえ込んでいた悲しみが噴き出してしまうためこっちで働いてるうちは秋田に戻るのも嫌になりました。

甘ちゃんの自分への試練だと思っています。
人の痛み、苦しみを知らずして法律家には
なれないと思うからです。

昨日も仕事が上手くいかず鬱々と試験勉強を
していて夕方心身ともに疲れ果ててしまいました。

家族のことを思い出しても頭の中ですら弱いところがみせられず、何か鬱々していたところ
きよかんさんとの日々、かけて頂いた言葉、歌
を思い出すと自然と涙が出てきました。

皆同じく悩んでいるのにすいません。
それでは夜分失礼しました。
 

お世話になりました(*^_^*)

 投稿者:きよかん  投稿日:2013年 3月11日(月)13時19分53秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
編集済
  早速訪れてみました。
手指が流れている瞬間のカット、カッコイイ写真ですね。
お互い、ミュージシャンのように見えます(笑)

ありがとうございます。


http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

リポートされてますヨ!

 投稿者:めぐろデス!  投稿日:2013年 3月11日(月)10時41分45秒 pl475.nas932.p-akita.nttpc.ne.jp
  先週はお疲れ様でした。
LIVEの様子が、お客様の志田様(ステージ上から見て、左側の3人グループでひとりで座っていた方です)のブログで紹介されています。
          ↓
        コチラです

http://blogs.yahoo.co.jp/shidatti0411/folder/251048.html
 

8日 ドリームタイム

 投稿者:きよかん  投稿日:2013年 3月10日(日)00時19分23秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
編集済
  目黒ライヴの前座でした。

おなじみの三田村アコギ。
きよかん。
三田村ギター+清水ボーカル。
目黒ブルースギター。

僕は、久しぶりのソロでした。
2013年のライヴ活動は、昨年12月から始まったホーミィズ・バンドでの演奏しかやっていなかったので「原点回帰」、つまり10年前(11年目に入りましたが…)に路上で唄いたくてギターを練習し始めた、そういう歌の原点に今年は戻ろうと考えているので、オリジナル曲を唄いました。

喉がまだまだ自分なりに唄える形にはなっていないらしく、最初の曲は、ちょっといただけない発声でしたが、中盤を過ぎたあたりからようやく自分らしい声になって正直ホッとしました。

今月は、このライヴのみです。
雪が消えたら、セリオンリスタのマルシェライヴを中心に活動していきたいと考えています。
是非、路上も復活していきたいですね。


http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

やっぱり路上

 投稿者:きよかん  投稿日:2013年 3月 4日(月)08時11分30秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
編集済
  CやAmやFも抑えられるようになった時、
やみくもに人前で自分の歌を唄いたくなった。
恥ずかしいのは当たり前だ。
今も変わっていない騒音並みの音を出すんだもの。

10年前、歌いたいという衝動だけで唄っていた。

この頃忘れかけていないかい?

技巧ではなく、

魂で唄っているのかい?

そんな声がする。


http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

16日 道の駅十文字

 投稿者:きよかん  投稿日:2013年 2月17日(日)00時36分32秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
編集済
  「ホーミイズ・バンド」

桜空(日野美歌)
テネシーワルツ
(アンコール)
愛燦々(美空ひばり)

昨年の道の駅十文字5周年イベントでは、散々な環境で納得できないパフォーマンスになってしまいましたが、今日は納得いく歌を聴かせることが出来ました。

おばあさんたちのダンスは、マイケル・ジャクソンの「スリラー」です。
白塗りのゾンビです(笑)
手拍子も出て、楽しかったですねぇ(*^_^*)

http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

勉強になった。

 投稿者:きよかん  投稿日:2013年 2月14日(木)21時38分31秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
  次の歌詞を聞きたくなる「間」が素晴らしい(*^_^*)

藤岡藤巻
http://www.youtube.com/watch?v=JdqFArFVCuA


http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

Juju 新宿路上

 投稿者:きよかん  投稿日:2013年 2月 6日(水)16時44分5秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
  http://www.youtube.com/watch?v=MUcdDz7DUj4&list=PL1358F06576CDB2E3

http://www.youtube.com/watch?v=KJ7abE49iT8&list=PL1358F06576CDB2E3

http://www.youtube.com/watch?v=qBgWCuaqCog&list=PL1358F06576CDB2E3

何か、気持ちいい。
すっきりするというか、学芸会レベルの「アーチスト」を人気者にして、いい大人が商魂たくましく儲けているのと対極の「ハイクオリティ」を表現して、(しかも)路上をやっている潔さが好き。

最初の動画、一曲目の Django Reinhardt の「Minor swing http://www.youtube.com/watch?v=VpmOTGungnA」は、ジャンゴの傑作アルバム「DJANGOLOGY」で、人差し指と小指が障害で自由に動かない中、バイオリンのステファン・グラッペリと共に素晴らしい演奏している大好きな曲だ。




http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

「縁」

 投稿者:きよかん  投稿日:2013年 1月30日(水)10時42分50秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
編集済
  とっても気にかかっていたので、元気で何よりです!
きっと目標を目指して勉強をしているであろうという事は、松本君の性格から考えて想像どおりでした。

今は更地になってしまった「カリフォルニア」は、松本さんをはじめ、様々な人達との「縁」がつながったステージでした。
最初の縁は、雄物川の河川敷きで練習していた僕に同じく練習していた、すでに若くして亡くなった健太郎が誘ってくれた縁で、次の週からカリフォルニアに出演することになった情景などを鮮明に思い出しました。

カリフォルニアに突然現れて僕のジャズギターを弾き始めた松本さんは、まだ高校生のギター少年でしたが、僕はその礼儀正しさや追求しているブルースへの真摯な姿勢に感銘を受け、いっぺんに好きになりました。

その後、ギターを始めてまだ数年しかたたない僕の歌の横で、(つまり、様々な無茶苦茶なシチュエーションで)ギターを弾いてくれました。

現在の活動は、ブログや掲示板で報告していますが、時々ギターを弾いてくれた五十嵐さんも就職して仕事に専念していますし、再びソロを中心にデュオと半々くらいでライヴに出ています。
一番おかしいのは、僕がギター一本でボーカリストの伴奏をしている事ですね。
ソロギターがあればトリオで活動したいのですが、まぁ自分が初めて真剣にギターを弾いているのが、なかなか楽しいので今年もこのペースで~しかも路上的ステージを探して~活動していきます。

帰秋することは難しいと思いますが、もしこっちに来たときは会いたいですね!

体には気を付けてください!

2007年のPMAサンパティオでの きよかん Soulful Hearts Session Band でのステージです。


http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

レンタル掲示板
/38