teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お疲れです

 投稿者:きよかん  投稿日:2012年11月15日(木)19時19分6秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
  今回は、かなり満足する形でプレイ出来ましたが、目標は高く、課題は遥か彼方にあります。
「弾き語り」の凄みが出せたらいいのですが…

赤色エレジー
ヨイトマケノの歌
愛の讃歌(越路吹雪じゃない、エディット・ピアフの直訳に近い歌詞)
雪が降る

などをアコーディオンでカバーする準備をしています。







http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 
 

国民文化祭

 投稿者:カチューシャ安田  投稿日:2012年11月15日(木)10時54分57秒 dynamic-114-69-82-250.vips.gol.ne.jp
  フォンテでの演奏、ご苦労様でした!
あそこの担当者(チーフ)、西村さんという初老(っぽい)男性の方は、高校三年の時の同級生です。
 

ピック

 投稿者:きよかん  投稿日:2012年11月10日(土)22時35分43秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
編集済
  ケースの中は、ライヴの道具入れに入っているピック。
数本のギターには、複数のピックを挟んでいるが、無くしたり、落としたときに使うのが、このケースの中のピック。

それとは別に、小銭と一緒に入れているピックは、サムピックなども一緒に持ち歩いている。緊急に使う時に(いつだよ!)ズボンのポケットからピックを出している。
使うのは、おもに呑んでいる時でなぁ…(笑)

http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

Telecaster

 投稿者:きよかん  投稿日:2012年11月 7日(水)01時17分58秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
編集済
  録画していた斎藤和義の「NHKスタジオライヴ」を見ながらエレキギターの弦交換した。
エレキを見るのは1年ぶり。1年もソフトケースから出していなかった。
エレキは使わないのでしょうがないが、ふと仏間にエレキがあることを思い出して安い弦を張った。

弦はバッカスの「0.10」セット。(全く知らないのだが)エレキでソロを弾く人は、もっと細いのをつけるのではないかと思う。1弦のチョーキングがなかなかに重い(笑)
このテレキャスターは、足立区のベンチャーズバンド(A.I.S.T.~アイスティ)でサイドギターを(ちょこっと)手伝うために、しょうがなく買ったもので、フェンダージャパンの製品だが、ピックアップの磁石の材質が、「アルニコ」の器種で一番安価なのを買ったはずだ。
アルニコのピックアップは、数万円の機種には付いていなくて、10万円の下あたりのアルニコピックアップでは一番安い機種だった。
機種も忘れてしまったが、TL-62のような気がする。
シマムラの特価品になっていて7万円くらい?だったと思う。

エレキギターの事は、全くわからないのだが、ただロイ・ブキャナンが好きでアルバムを全部買ったこともあり、ロイのギターのテレキャスターにしたのだった。

「メシアが再び」ROY BUCHANAN - THE MESSIAH WILL COME AGAIN
http://www.youtube.com/watch?v=deeBQZ8Aklc

エレキを買った際に、行きつけのスナックで遊ぶために買ったちびっこアンプが可愛い。
9Vの電池駆動。つまみは無くて、低音はもちろん無い。
でも、演歌でもフォークでもお客さんのカラオケの間奏などを弾いたりして、邪魔にならない程度の音がいいのだ。

正式なアンプは、岐阜に住んでいる友人Mから中古格安お友達価格で買ったフェンダーのチューブアンプ。
実は、このアンプは僕なんかが持っていたらもったいないような高価な名器である。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=337%5E816%2D1500%2D000%5E%5E

チューブ(真空管)のアンプは、トランジスタに換算すると、おおよそ3~4倍の出力になるので、普通の15~20Wくらいの小型アンプ程度のパワーがある。
しかし、エレキは弾かないのでこのチューブアンプも仏間に置きっぱなしだ。

せっかく弦を交換したのだから、しばらくは自室において(こたつを入れたので、もう動線が無いほど狭い部屋なのだが…)ちょこっと弾いてみようかな!
ベースの練習用小型アンプの上に載っている「ちびっこアンプ」で(笑)

同じエレキギターでも、レスポールとの表現の違いは大きいな。

Gary Moore - Still Got The Blues
http://www.youtube.com/watch?v=lbJI1y0i1mk&feature=related

ロイもゲイリーも、もうすでにこの世にいないなんて・・・

http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

3日 秋田駅前フォンテ6階

 投稿者:きよかん  投稿日:2012年11月 5日(月)01時00分38秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
  「ひだまりコンサート」

2014年国民文化祭企画としての参加は何回目かになりますが、今回は音楽を通じた縁で知り合ったSさんの企画で参加させてもらいました。

ジャズやウクレレ、ボサノバ、歌謡曲と続き、僕はラストでした。
当初、初めてのお客さん用の自作、ポップス、ブルースなどの「30分セットリスト」を準備していましたが、お客さんの平均年齢は秋田的に(笑)かなり高く、急遽「歌謡曲セット」に変更して唄いました。

1曲目は、僕のライヴによく来てくれる方のリクエストで、バンプ・オブ・チキンの「スノースマイル」を考え抜いたギターアレンジで初めて公開しました。2曲目は、吉幾三の「雪国~秋田弁バージョン」です。どちらも時間の関係でワンコーラスにしました。

「酒と泪と男と女」「酒よ」「見上げてごらん夜の星を」「君恋し」「Route 45」を三陸の話や酒の話などをしながら唄いました。

今回は、毎年恒例のPMAでお世話になっている(僕の変態的歌唱法を熟知している)SさんがPA担当として付いてくれたので、Sさんの「ギターのマイク採り=ボーカル採りマイク」という、ボーカルマイク無しの荒業に挑戦してみました。
ステージの左向かいには学習ルーム、右向かいには幼児の遊びスペースがあるので、前回のマイクを使ったボーカルがうるさいと感じていたので、Sさんに相談した結果です。

ギターの弦交換の結果、輝きを増したコードストロークのマイクを通した音や、そのギターの低い位置に置かれたマイクまで拾えるボーカルの音圧は、予想を超える素晴らしい音になりました。
Sさんに感謝です!

唄い終わり、ステージを降りてから客席を見ると、20人ほどのお客さんは立つ人もいない状態で、司会者の終了の挨拶があるまでは、まだ唄ってほしいような雰囲気でした。
しかも目頭を拭いている人なども何人かいて、僕の「音楽の楽しさはワイワイ盛り上がるだけではない」という事が、10年目にして少しだけ前進しているのだと実感する(僕にとっては)楽しい光景でした。

500回近くもステージをやって、ようやく歌の方向が間違っていなかったというのが、はっきりと見えてきたのがたまらなく嬉しいです。
僕は、「残された音楽活動の時間は<聞き手の感情を揺さぶる表現力への道>」と確信し、さらに精進していきたいとあらためて決意した次第です。

http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

どうもです(*^_^*)

 投稿者:きよかん  投稿日:2012年11月 4日(日)10時29分28秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
  主戦力のギターなのに、ずっと不満ばかりでしたが、弦交換だけで劇的に出音が代わるのは驚きです。
というか、「音が出ればいい」という粗雑な考え方の僕自身の無知さが招いたことだと思うんですけどね。
「Gibson に謝れ!」です!

J-200EBにとっても、ストロークギター Gibson の威信をかけた屈辱的使用法だったのかもしれないですね(笑)
「Gibson さん、ごめんなさい」m(__)m

ギターと弦の相性を合わせるとこんなにいいんだという、実力の一端を見せてくれた実に感動的な経験でした。

楽しかったです!

http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

お疲れ様でした!!

 投稿者:小林@August Moon  投稿日:2012年11月 3日(土)23時17分47秒 p3060-ipbf202akita.akita.ocn.ne.jp
  ギターお借りして、すみませんでした。
相性のいい弦にめぐり合えてよかったですね。
生音、ラインの音共にいい感じでしたよ!!
また一緒にやりましょう!!
 

お久しぶりです(*^_^*)

 投稿者:きよかん  投稿日:2012年11月 2日(金)19時15分53秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
編集済
  このマイクは・・・
かなり高価ですよね!
僕みたいにカラオケ用1980円マイクで誤魔化しているのとは違い、本格的なモノですね。もちろん、使った事は無いですけど(笑)

僕は、気楽に唄えるマイクもPAもないのが一番です。
きっと、人間の生の声とギターの生の音で聞き手に判断してもらうのが性に合っているのでしょう。

演奏する側とPAスタッフの双方を体験している川崎さんのノウハウは、また特別なものがあるのではないかと推察しますね。

http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

音響屋もそれなりに大変です・・・

 投稿者:2tom  投稿日:2012年11月 2日(金)15時39分47秒 FLA1Aae128.aki.mesh.ad.jp
  噂の卓から離れる「なんちゃって音響屋」のツトムです(汗)
極めてミュージシャンに優しくて積極的にコミュニケーションのとれる音響屋を目指して頑張ってきましたが、やはりイメージしたようにやれるほど生易しいものじゃない壁にぶち当たってます。

ミュージシャンにとっては自分が満足のいく歌や演奏が出来たとしても最終的な音の出口までは流石にコントロール出来ないので、音響屋さんには絶対嫌われないように気を使うというのがプロの礼儀でした(現役の頃のウンチク)

しかし最近のアマチュアの方々は意外にその大事な関係を知らないようですね~
本番前にしっかりリハーサル(サウンドチェック)が出来ない昨今のイベントですが、ちょっとした両者の会話(世間話でOK)は非常に大事なことだと思ってますよ。
実はこのちょっとした会話でお互いの力量や求めてるサウンドがわかるのです。
ですから自分の場合はどちらの立場も理解してるので、積極的に話しかける音響屋を目指してるのでした。

※最近購入したSONYのC-38Bというマイクですが、のど自慢や漫才マイクと言われNHK御用達の定番マイクでして、すこぶるご機嫌なマイクに感動しております。きよかんさんの場合はPADスイッチ(抑える)を入れるといい感じになると思いますね。
マイクから1m離れても音痩せしない優れものですから、きよかんさんのライブをこれでオフマイクでレコーディングしたら臨場感たっぷりかと思いますよ。
 

どうもです

 投稿者:きよかん  投稿日:2012年11月 1日(木)19時24分11秒 d61-11-144-080.cna.ne.jp
  もちろんです!
全面的にHiroさんのPAで唄いたいものですね。

僕が経験上感じているのは、PA担当者が経験している人間の声の基準から外れると、ギブアップするという事なんです。あるいは、一定のところから調節を放棄しますね。
だから、自分でマイクに近づいたり離れたり、横に外したりで勝手に調節しています。

特に、前演奏者が「マイク頼り」だったりすると、もういけませんね。
やっぱり、曲の盛り上がりやささやきにも対応したオペレーターが卓に付きっぱなしだと、安心して唄えますが、そうでない場合は自分で調節しています。

路上的な歌唱法は、どこでも貫くのでPA担当に嫌われているきよかんです(笑)

http://sky.ap.teacup.com/kiyokan/

 

レンタル掲示板
/38