teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:95/302 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 勉強

 投稿者:ゴールドチャイルド  投稿日:2010年 9月 5日(日)14時42分35秒
  通報 返信・引用
  > No.214[元記事へ]

金魚さんへのお返事です。

まず大事なことは証の定義をしっつかり言語化することです。
つぎは想像することです。
肝気鬱なら、肩こりにあらわれたならどこにどんな症状なのか?
頭痛ならどこにどんな症状でなのか?
眼なら、味覚なら、喉なら、生理なら、感情ならなどを想像します。
kj法を用いても良いでしょう。
中医書は参考にしますが、典型例かつそれなりの重症例が多く、日本の鍼灸事情を考えると、少し軽めの肝気鬱を想定した方が良い感じです。
モデルとして、肝気鬱の人は回りにたくさんいますから、行動パターンを見てみるのも良いのではないでしょうか。
基本は言語化とイメージ化を併用することです。

楽しかったのでまた行かせて下さい。
 
 
》記事一覧表示

新着順:95/302 《前のページ | 次のページ》
/302