teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


大和駅前のお祭り

 投稿者:肥後馬のすけ  投稿日:2011年 7月25日(月)00時42分31秒
返信・引用
   お疲れ様です。新第四クラスの肥後馬の助です。
本日、大和駅前は毎年恒例のお祭りで大賑わい、少しビールを飲みすぎてしまいました。
 さて、新第四クラスでは「中医弁治軌範」の“肝陽上亢証”の講義を受けました。
肝陽の起こす内風が自分の診ている患者さんの症状と似ていて勉強になりました。
 また、最近、講師のK本先生は宿題を良く出されます。前回は“涙の生理”についての
レポートで、このテーマを中医学で考えることの難しさを感じましたが、良い勉強になります。
今月は“幼児の難聴”についてのレポートと言うことで、これまた難しい課題が出ました。
 しかし、課題のハードルが高いほどしっかり自分で考えなければなりませんのでありがたい
と思いながら課題に取り組みます。
 涼しい日が続いて楽ですが、夏は始まったばかり。体調に気をつけて頑張りましょう!!
 
 

Re: ミニミニ交流会

 投稿者:金魚  投稿日:2011年 7月17日(日)09時53分45秒
返信・引用
  > No.265[元記事へ]

ミルマスカラさんへのお返事です。

ありがとうございます。とても貴重な時間を持つことができました。
お二人の先生方のお話はわからないこと、聞いたこともないこと等多々でしたが
考えさせられること、驚きのこと多数で私だけ聴いていてはもったいない、と心から思いました。
短い?時間の中でしたが江戸時代から近代まで幅広い時代から鍼灸のことをお聴きできたので
自分の立ち位置みたいなものが確認され嬉しく、またやる気みたいなものが出てきました。
今回の会合を座談会形式で収録し皆さんにお伝えしたかったです。
また今後、そのような機会があれば良いなと思いました。
T先生、後見役的某先生には本当にお世話になりました。ありがとうございました。
最後になりましたがミルマスカラさんにお会いできる事を楽しみにしています。


 

7月勉強会 三旗塾大阪倶楽部

 投稿者:金魚  投稿日:2011年 7月17日(日)09時23分24秒
返信・引用
  前回に引き続き、宿題の中医書の和訳のすり合わせを行いました。
半分以上の時間は和訳のすり合わせに使い、残りの時間は
心と生理の関係性を東洋医学的・中医学的に考察してみました。
今回は家庭用に作られた「東洋医学全書」の体質別養生法の部分を使いました。
一般向けですので患者さんに説明する時のヒントにもなるかな、と考え使用しました。
この本は五つの証を更に陽性と陰性に分けたもので
肝虚証陽性体質・肝虚証陰性体質など、体質を10分類し説明しています。
自分に照らし合わせてみたりお互いの話を聞いたりと
性格・体質についてのイメージを膨らませてみました。
本を鵜呑みにせずに自分たちのイメージを膨らませれたら良いなと考えています。
最後は脈の取り方の練習などをしました。
8月の勉強会はお休みで次回は9月の予定です。

 

ご本紹介

 投稿者:塾長  投稿日:2011年 7月11日(月)16時57分39秒
返信・引用
  ケイ林東医学業績集(全二冊・1000項。定価9500円+税、燎原)が完成しました。
上巻は主に師匠梁哲周先生の論文。
入門、歴史、漢文文法、お諌めの言葉など多岐に渡る内容です。
下巻はケイ林東医学の院生の先生方の論文です。
鍼灸・湯液の弁証論治、医案、方剤、生薬など充実した内容です。
私自身も13編入れさせていただきました。ケイ林東学院は27歳~42歳までの15年間在籍しました。師匠から厳しい指導を受けましたが、それがあっての今だと自覚します。

数に限りがあります。お早めにご注文下さい。
 

ミニミニ交流会

 投稿者:ミルマスカラ  投稿日:2011年 7月 4日(月)08時46分46秒
返信・引用
  三旗塾を学術的に導びいて頂いているT先生と大阪倶楽部代表、後見役的某先生が京都で会合(宴会……?)を持たれた。
ロングな会合は四時間を越える……、歴史考察が中心となったようです。参加できなくてとても残念である。
 

6月勉強会(第4日曜クラス)

 投稿者:加賀mario  投稿日:2011年 6月30日(木)15時57分16秒
返信・引用
  今回のテーマは魄と魂との違いを明確にする、でした。
参加者が4名と少なかったのですが、味のある討論ができました。
 

三旗塾大阪倶楽部 勉強会報告

 投稿者:金魚  投稿日:2011年 6月20日(月)08時13分35秒
返信・引用
  6月5日18時~三旗塾大阪倶楽部がありました。
今回は新しく参加された2人を除く、6人が前回の宿題の翻訳をしてきており皆で発表、すり合わせをしました。

大まかなところは皆で一致させましたが、しかしそれを日本語らしく読めるようにするとなると意見は各々分かれる、というところでした。

しかしとても楽しかったです。
皆でやるから続けられるしどんどんおもしろくなる、と感じました。
その後は学生の時より続けている、いつも通りの臓腑の勉強をしました。

今回は腎。
腎陰と腎陽について。
腎陰を人体陰液の根本として元陰、真陰とも呼ばれることを念頭に、腎陰を失うと各臓腑がどう変化するのか。

腎陽を元陽、真陽と呼ばれることを考え、各臓器の生理活動を推し進める作用、エネルギー的な感覚として捉えた場合、各臓腑との関係はどうなのか。

そして、いつもならその後イメージトレーニングもするのですが終了時間を大きくずれた
21時となってしまったのでイメージトレーニングは次回に繰り越しました。

実技の練習も入れていきたいのですがどのタイミングでどうやって入れていくは又、皆で決めたいと思っています。次回もとても楽しみです。
 

6月勉強会(第2日曜クラス)

 投稿者:加賀mario  投稿日:2011年 6月11日(土)09時45分39秒
返信・引用
  三陰交は安産の灸(ツボ)と言われていますが、その論拠を考えてきてください。  

5月第4クラス報告

 投稿者:加賀mario  投稿日:2011年 5月24日(火)18時44分54秒
返信・引用
  2つの命題を追いました。
1、肺の宣散は行気作用と関わるのか?
もちろん関わります。しかし閉鎖体系にない気、つまり衛気との関わりが大きいだろうと結論づけました。その所作は行気の基本である四関穴が太衝・合谷がなることに置きました。
2、肺の魄は何?
現状認識では、先天的運動能力や感覚能力と定義していました。これに独自見解を付加しました。人が先天的の持つ快感ではないかと定義しました。暫定的見解です。この後は臨床日誌で討論します。
 

(無題)

 投稿者:エリー  投稿日:2011年 5月11日(水)00時29分0秒
返信・引用
  ありがとうございます。勉強になります。次に入るときは問診に色々工夫したいです。食事はバランスよくとられてますが気になるのは水を1日3リットル飲まれてました。体質の部分に関係あるでしょうし、引っかかるところでもあったので考えて次につなげたいです。  

レンタル掲示板
/31