teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


七大戦本戦第4日目 結果報告

 投稿者:原(2年)  投稿日:2018年 8月17日(金)13時27分43秒
返信・引用
  本日行われました七大戦の本戦第4日目の結果を報告いたします。

第2試合
東京大学●1-2〇名古屋大学
(25-13,21-25,20-25)
第1セット、加納のアタックなどで得点を重ねると、福島のサーブの場面で連続得点しリードを奪いました。第2セット、ミスに苦しみつつも加納や福田のアタックなどで競りますが、終盤にミスが続きリードを許しました。第3セット、序盤は中島(博)や大須賀のアタックなどで競りますが、サーブミスを発端にミスが続き、リードされてしまいました。

試合経過につきましては後程改めて投稿させていただきます。
ご声援ありがとうございました。
 
 

七大戦本戦3日目試合結果詳細

 投稿者:常川(副務)  投稿日:2018年 8月17日(金)07時38分22秒
返信・引用 編集済
  昨日8月16日(木)に行われました七大戦本戦3日目の試合結果についてご報告致します。

第1試合
東京大学◯2-0●北海道大学
(25-15,25-16)

初勝利を目指す東大は、レフト4年加納と1年中島(博)、ライト3年福田、センター2年中島(俊)と1年大須賀、セッター4年福島、リベロ4年金森という布陣で臨みました。
第1セット、中島(博)のサービスエースで幕を開けたこの試合、東大は加納、福田のスパイクを中心に得点を重ね、さらに中島(俊)のサービスエースも飛び出して13-8とリードします。その後もセッター福島がミドルを効果的に使って相手ブロックに的を絞らせず、リードを保ったまま終盤に入ります。福島に代わった2年明本にもサービスエースが出るなど終始サーブで攻め続けた東大は危なげなくこのセットを取ります。
第2セット、序盤加納、大須賀のスパイクで得点を重ねる東大は中島(博)のサーブ、大須賀と加納の連続ブロックなどで13-7と相手を突き放します。その後も福田、中島(博)のスパイクが決まり、さらに福島のサーブで相手のミスを誘い21-12と大きく点差を広げます。東大は終盤に入っても攻撃の手を緩めず、最後は大須賀のブロックが決まってこのセットも取り、今大会初勝利を収めました。

第3試合
東京大学◯2-1●京都大学
(21-25,25-23,21-25)

2連勝を目指す東大は、レフト4年加納と中島(博)、ライト3年福田、センター2年中島(俊)と1年大須賀、セッター4年福島、リベロ4年金森という布陣で臨みました。
第1セット、東大は立て続けにスパイクミスが出て1-6とリードを許します。ここから福田、大須賀のスパイクが決まり始めますが、ミスが減らず点差が縮まらないまま中盤に入ります。しかし、中島(博)のサービスエースや加納のスパイクで徐々に追い上げ、19-20と1点差に詰め寄ります。しかしここからミスが出て再度点差をつけられこのセットを落とします。
第2セット、序盤両チーム決め手を欠いて競る展開となりますが、中島(博)のフェイントを皮切りに福島の効果的なサーブで6連続得点を記録し、11-7とします。その後も加納のスパイクなどで小刻みにブレイクし、一時点差は7点まで広がります。しかしここから相手に連続得点を許し21-19と追い上げられます。ここで踏ん張りたい東大は、終盤中島(博)や福田のスパイクなどでラリーを制し、逆転は許さずこのセットを取ります。
第3セット、福田のスパイクで1点目を取りますが、相手のスパイクが止まらず2-5と序盤リードを許します。しかし、中島(博)のサービスエースを含む5連続得点で11-10と逆転に成功し、その後は点の取り合いとなりますが福田サーブのローテーションでエースが2本飛び出し、17-13と前に出ます。相手の連続ブロックで追い上げられますが、終盤加納のスパイク、中島(俊)のブロックなど4連続得点で突き放し、最後は福田のスパイクが決まってこのセットを取り、東大は2連勝となりました。

ご声援ありがとうございました。本日は最終日となります。有終の美を飾れるよう全力を尽くして参ります。

その他の試合結果と各大学の戦績は以下の通りです。
第2試合 名古屋大学◯2-0●名古屋大学
第4試合 名古屋大学◯2-0●北海道大学
第5試合 東北大学◯2-0●大阪大学
第6試合 京都大学◯2-0●九州大学

東京大学 2勝3敗
北海道大学 1勝4敗
東北大学 5勝
名古屋大学 3勝2敗
京都大学 3勝2敗
大阪大学 2勝3敗
九州大学 2勝3敗
 

七大戦本戦第3日目 結果報告

 投稿者:原(2年)  投稿日:2018年 8月16日(木)15時35分1秒
返信・引用
  本日行われました七大戦の本戦第3日目の結果を報告いたします。

第1試合
東京大学〇2-0●北海道大学
(25-15,25-16)
第1セット、中島(博)のアタックで序盤にリードを奪うと、そのリードを最後まで守りきりました。第2セット、ブロックを5本決めるなど終始優位に試合を展開しました。

第3試合
東京大学〇2-1●京都大学
(21-25,25-23,25-21)
第1セット、アタックのミスなどでなかなかリズムに乗れないまま落としてしまいました。第2セット、福島のサーブから連続得点を奪うと、終盤に追い上げられますが逃げ切りました。第3セット、序盤はリードされますが、中島(博)や加納、福田のアタックなどで得点を重ね逆転しました。

試合経過につきましては後程改めて投稿させていただきます。
ご声援ありがとうございました。
 

七大戦本戦2日目試合結果詳細

 投稿者:常川(副務)  投稿日:2018年 8月16日(木)02時10分41秒
返信・引用
  昨日8月15日(水)に行われました七大戦本戦2日目の試合結果についてご報告致します。

第6試合
東京大学●0-2◯東北大学
(24-26,21-25)

東大はレフト4年加納と1年中島(博)、ライト3年福田、センター2年中島(俊)と1年大須賀、セッター4年福島、リベロ4年金森という布陣で臨みました。
第1セット、序盤安定したサーブカットから両レフトがスパイクを決め、さらに福島のサービスエースもあって10-6とリードします。ここから相手サーブに苦しんで追いつかれますが、ラリーで粘って20-20と終盤まで競る展開となります。東大は、ピンチサーバー2年原の活躍や加納のブロックなどで得点を重ねて24-23と先にマッチポイントを握りますが、相手のサイドアタッカーのスパイクを連続で決められて逆転でこのセットを落とします。
第2セット、サーブで崩されて思うように攻撃ができない東大でしたが、中島(俊)のブロックや福田のサービスエースなど要所で得点し、8-8と食らいつきます。その後も中島(俊)と大須賀がブロックで粘ってラリーを制しますが、相手エースの攻撃を止められず、ジリジリ点差を広げられて12-20となります。ここからピンチサーバー原のところで相手のミスを誘い5連続ブレイクに成功し追い上げムードが漂い始めますが、逆に東大側のミスが増え始め点差を縮められないまま敗北を喫しました。

その他の試合結果と各大学の戦績は以下の通りです。

第1試合 大阪大学◯2-1●九州大学
第2試合 東北大学◯2-0●京都大学
第3試合 九州大学◯2-0●北海道大学
第4試合 名古屋大学◯2-1●大阪大学
第5試合 京都大学◯2-0●北海道大学

東京大学 3敗
北海道大学 1勝3敗
東北大学 4勝
名古屋大学 1勝2敗
京都大学 2勝1敗
大阪大学 2勝2敗
九州大学 2勝1敗

東大は3連敗となりましたが、試合内容は確実に良くなりつつあります。本日も引き続きご声援のほどよろしくお願い致します。
 

七大戦本戦第2日目 結果報告

 投稿者:原(2年)  投稿日:2018年 8月15日(水)18時30分5秒
返信・引用
  本日行われました七大戦の本戦第2日目の結果を報告いたします。

第6試合
東京大学●0-2〇東北大学
(24-26,21-25)
第1セット、加納や福田のアタックなどで得点を重ね中盤までリードしますが、終盤に逆転されてしまいました。第2セット、相手エースを止めることができず、序盤から徐々に点差をつけられてしまいます。終盤に連続得点で追い上げますが追いつくことはできませんでした。

試合経過につきましては後程改めて投稿させていただきます。
ご声援ありがとうございました。
 

七大戦本戦第1日 経過報告

 投稿者:原(2年)  投稿日:2018年 8月15日(水)00時43分51秒
返信・引用 編集済
  七大戦本戦第1日に行われました試合の経過を報告いたします。

第3試合
東京大学●0-2九州大学
(17-25,23-25))
東大はレフト3年加納と1年中島(博)、センター2年中島(俊)と1年大須賀、ライト3年福田、セッター4年福島、リベロ4年金森という布陣で臨みました。
第1セット、序盤から3連続得点を奪われる苦しい展開となりますが、加納のアタックで1点目をとると、中島(俊)もこれに続き、5-4とリードします。加納のアタックを中心に攻撃を組み立てる東大でしたが、ミスも出て3連続得点を奪われてしまい、8-11とリードされます。その後もレシーブの粘りは見せるものの点を決めきれず、10-16とされます。中島(俊)のサーブで連続得点を奪い14-16まで追い上げますが逆転には至らず、その後は大須賀や中島(博)にアタックの決定が生まれるものの連続得点でリードを広げられてしまいました。
第2セット、序盤は互いにミスの多い展開となりますが、相手に連続でアタックを決められ、5-9とリードされてしまいます。ここでタイムアウトを取った東大は中島(博)のアタックなどですぐさま追いつきますが、アタックやブロックを続けて決められ10-14と再びリードされてしまいます。福田のアタックなどで食らいつくと、東大は加納の連続サービスエースなどで16-17と追い上げます。加納のアタックなどで21-20と逆転したものの、相手に続けてアタックを決められて再逆転を許しました。

第6試合
東京大学●0-2〇大阪大学
(21-25,17-25)
東大はレフト3年加納と1年中島(博)、センター2年中島(俊)と1年大須賀、ライト3年福田、セッター2年明本、リベロ4年金森という布陣で臨みました。
第1セット、序盤から東大にミスが出てしまい、リードされる展開となります。福田のアタックで1点目を奪うものの、相手にアタックを決められ、1-6と突き離されてしまいます。しかしここから加納や中島(博)にアタックの決定が生まれ、徐々にその点差を詰めていきます。連続得点を取られる場面もありますが、中島(俊)のクイックも決まり、一方的な展開にはさせません。中盤にピンチサーバーが入った場面でアタックやブロックが連続で決まり、18-16と逆転に成功します。しかしすぐに同点とされると、東大にミスが続いてしまい、逆転を許しました。
第2セットには、リベロを金森から2年今井に代えて臨みました。福田のアタックなどで得点する東大ですが、なかなかアタックを決めきることができず、徐々に点差をつけられてしまいます。4点ほど差が開いてからは加納のブロックや中島(博)のアタックなどで得点を重ねますが、点差を縮めることはできません。加納のアタックに続けて大須賀がブロックを決めるなど盛り上がる場面はあったものの、序盤にできた点差を追いつくには至らず、最後は連続得点で一気に点差を広げられました。


この結果、東京大学の戦績は0勝2敗となりました。


その他の試合結果と現在の各大学の勝敗は以下の通りとなります。

第1試合 東北大学〇2-0●名古屋大学
第2試合 北海道大学〇2-1●大阪大学
第4試合 京都大学〇2-0●名古屋大学
第5試合 北海道大学●0-2〇東北大学

北海道大学 1勝1敗
東北大学 2勝0敗
東京大学 0勝2敗
名古屋大学 0勝2敗
京都大学 1勝0敗
大阪大学 1勝1敗
九州大学 1勝0敗


ご声援ありがとうございました。
明日以降もよろしくお願いいたします。
 

七大戦本戦第1日目 結果報告

 投稿者:原(2年)  投稿日:2018年 8月14日(火)19時56分17秒
返信・引用 編集済
  本日行われました七大戦の本戦第1日目の結果を報告いたします。

第3試合
東京大学●0-2〇九州大学
(17-25,23-25)
第1セット、中盤まで互いに連続得点を取りつつも競る展開となりますが、終盤に6連続得点を奪われてしまいました。第2セット、中盤までリードを許しますが、加納を中心に得点を重ね、終盤には追いつき接戦を展開しますが、及びませんでした。

第6試合
東京大学●0-2〇大阪大学
(21-25,17-25)
第1セット、互いにサイドからアタックを決め合いますが、徐々にリードされてしまいます。中盤に一度は逆転したものの再逆転を許してしまいました。第2セット、序盤にリードを許すと、ミスに苦しみ追い上げるは叶いませんでした。

試合経過につきましては後程改めて投稿させていただきます。
ご声援ありがとうございました。
 

七大戦新人戦 経過報告

 投稿者:原(2年)  投稿日:2018年 8月13日(月)23時45分6秒
返信・引用
  本日行われました七大戦新人戦の試合経過を報告いたします。

第1試合
東京大学●0-1〇東北大学
(12-25)

新人戦にはレフト1年中島(博)と1年浜辺、センター1年大須賀と2年長谷川、ライト1年河田、セッター1年鈴木、リベロ1年四海という布陣で臨みました。

アタックのミスで相手に先制点を許すと、立て続けに得点を奪われ、0-3とされてしまいます。東大の1点目は、中島(博)がレフト平行を決めて生まれます。ここから追い上げたい東大でしたが、相手のサーブに苦しめられ連続で得点されてしまい、1-7と大きくリードされてしまいます。中島(博)のアタックで2点目をとった東大ですが、簡単にサイドアウトを取られると、さらに点差を広げられ、4-16とされてしまいます。しかしここからは互いにサイドアウトを取り合う展開となります。中島(博)がバックアタックを決めて相手の連続得点を止めると、浜辺にもアタックの決定が生まれます。サーブミスもあり点差を詰めることこそ叶いませんが、粘り強いプレーにより点差を広げることは許しません。東大の待望の連続得点は10-22から生まれます。河田がダイレクトアタックを決めて11-22とすると、続けて浜辺がアタックを決め、12-22とします。しかし時すでに遅く、相手にサイドアウトを奪われると、サービスエースで12-24とマッチポイントを握られ、最後はブロックを決められ12-25となりました。


ご声援ありがとうございました。
明日からは本戦が始まります。引き続き応援よろしくお願いします。
 

七大戦新人戦 結果速報

 投稿者:原(2年)  投稿日:2018年 8月13日(月)10時38分3秒
返信・引用
  本日行われました七大戦の新人戦の結果を報告いたします。

東京大学●0-1〇東北大学
(12-25)
序盤で連続ブレイクを奪われ大きく点差をつけられてしまうと、中島(博)を中心に得点を重ねましたが追いつくことはできませんでした。

ご声援ありがとうございました。
 

七大戦についてのご連絡

 投稿者:常川(副務)  投稿日:2018年 8月12日(日)22時35分11秒
返信・引用
  明日から行われます七大戦について詳細が決まりましたのでご連絡いたします。

8月13日(月) 新人戦
会場:北区体育館
9時開場、10時第1試合開始(1、2回戦は1セットマッチ、3位決定戦、決勝は3セットマッチ)
1回戦第1試合 vs東北大学
以降試合間10分の追い込み方式

8月14日(火) 本戦初日(本戦は全て3セットマッチ)
会場:美香保体育館
9時開場、9時15分開会式、10時15分第1試合開始
第3試合 vs九州大学
第6試合 vs大阪大学
試合間10分追い込み方式

8月15日(水) 本戦2日目
会場:美香保体育館
9時開場、10時第1試合開始
第6試合 vs東北大学

8月16日(木) 本戦3日目
会場:美香保体育館
9時開場、10時第1試合開始
第1試合 vs北海道大学
第3試合 vs京都大学

8月17日(金) 本戦最終日
会場:美香保体育館
9時開場、10時第1試合開始
第2試合 vs名古屋大学

レセプション
会場:札幌ガーデンパレス
18時開始

男女とも優勝を目指して全力を尽くしますのでご声援のほどよろしくお願い致します。
 

レンタル掲示板
/102