teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:22/1039 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

秋季リーグ第1日目 試合経過

 投稿者:原(2年)  投稿日:2018年 9月26日(水)11時56分0秒
  通報 返信・引用
  先日行われました秋季リーグ第1日目の試合経過を報告いたします。

Bコート第2試合
東京大学〇2-0●芝浦工業大学
(25-18,25-17)

秋季リーグの初戦、東大はレフト4年加納と1年中島(博)、センター2年中島(俊)と1年大須賀、ライト3年福田、セッター4年福島、リベロ4年金森という布陣で臨みました。

第1セット、東大は序盤、福田や中島(博)のアタックを中心とした攻撃でサイドアウトを重ねます。連続アタックミスで相手にやや先行されますが、中島(博)のサービスエースから連続ブレイクを奪い、10-8とリードします。中島(俊)の速攻などでこのリードを守ると、加納のアタックで終盤にブレイクを重ねて点差を広げました。
第2セット、序盤は加納のアタックで得点を重ねるものの拮抗した展開となります。しかし中島(博)が連続でアタックを決めると、大須賀の速攻や中島(俊)のサーブで13-9とリードします。その後も各サイドアタッカーがアタックを決め点差を広げると、ピンチサーバーで入った4年の渡が2ブレイクを奪い19-11とし勝利を大きく手繰り寄せます。最後は加納がアタックを決め、初戦を勝利で飾りました。


Aコート第3試合
東京大学●0-2〇神奈川大学
(20-25,19-25)

幸先よく連勝したい東大は、初戦と同じメンバーで第2戦に臨みます。

第1セット、序盤から相手に次々とアタックを決められた東大は、福田のアタックで得点を奪うに止まり、2-9と大きくリードされてしまいます。大須賀の2本のブロックで食らいつく東大ですが、アタックのミスで再び点差を広げられ、5-15とされてしまいます。福田のアタックを中心に得点を重ね徐々に点差を詰めた東大は、ピンチサーバーの渡が3ブレイクを奪い17-22と詰め寄りますが、これ以上追い上げることはできませんでした。
第2セット、序盤から相手にアタックを決められ、それに東大のミスも重なり、加納や中島(博)がアタックを決めるものの4-11とリードされてしまいます。ここからは福田を中心にアタックを決めサイドアウトを奪いますが、ブレイクを奪うことができず点差を詰められません。中島(博)のアタックで5点差まで詰め寄る場面もあったものの、及びませんでした。


連勝は叶いませんでしたが、2試合とも成長の感じられる試合となりました。引き続きご声援の程よろしくお願いいたします。
 
 
》記事一覧表示

新着順:22/1039 《前のページ | 次のページ》
/1039